文京区歯科 新宿区歯科 新宿区歯医者 伊藤歯科 江戸川橋 歯科 小石川 歯周病治療。歯周内科治療

伊藤歯科

 TOP > 歯周治療
当院では、歯磨き指導と歯石除去といった従来の歯周治療に加え、薬で治す歯周治療--歯周内科学--に取り組んでいます。これは、位相差顕微鏡による検査と DNA診断(リアルタイムPCR)で、歯周病の原因菌を絞り込み効率的に治療法します。

「歯周内科学」とは


位相差顕微鏡
 歯科における2大疾患である 「むし歯」と「歯周病」は、現在の歯科医療においては、感染症であるという結論になっています。
医科の領域になりますが、風邪も感染症です。一般的な風邪は、医師の指示に従って、きちんと薬を飲めば、ほとんどの場合、治ってしまいます。
歯周内科学は、歯周病やむし歯も、風邪と同じように、薬を服用することで治すことができないか、と言う発想が始まりでした。

また、外科的な処置が主流の現在の歯周病治療では、歯科医師が卓越した技術を持ち、患者さんもプラークコントロールがうまくできるという条件がそろわないと良い結果が生まれません。どんな条件下においても、同じような良い結果が生まれる方法はないかと、多くの歯科医師が知恵を出し合いました。

その結果、歯周病の原因である菌を特定し、薬でその菌を退治することで歯周病を治す、歯周内科という治療法が確立されました。


歯周内科治療について

歯周内科治療は位相差顕微鏡検査・リアルタイムPCR検査で、お口の中に感染している細菌・真菌・原虫などを特定し、動画管理システムに記録しそれらの微生物に感受性のある薬剤を選択し、微生物叢を非常に綺麗な状態に改善することで歯周病を内科的に治す治療方法です。

治療前の非常に汚れた微生物叢が治療後は非常に短期間で綺麗に改善し、術前・術後の状態が一目瞭然に画像で示されるという利点があることが知られています。

また、はっきりと自覚できる程、歯茎からの出血や排膿が短期間で改善されます。以前は、長時間歯磨きや外科治療によって1~2年の治療期間でそのような綺麗な微生物叢を獲得していたのです。

微生物叢が改善されたら、歯石を除去します。その場合も、微生物叢が改善されていると、冷たいものがしみるというような症状が非常に少なくなることが知られています。
(なお、前歯においては短期間で歯茎が縮むので歯が伸びたような感覚が生じることがあります。そのような場合には残念ながら通常の治療では 元々骨が溶けている状態ですので改善は難しいようです。その場合は特殊な審美外科を行う必要があるかもしれません。 )
(国際歯周内科学研究会HPより引用)

口腔内の菌の様子と治療例
このビデオは、実際の患者さんの治療前~治療後の状態を記録したものです。
わずか2週間程度で効果が出ます。
(約1割の患者様で効果が認められない場合があります。)
(出典:国際歯周内科学研究会)

治療方法

1. 位相差顕微鏡検査・歯周病菌DNA検査(リアルタイムPCR)

治療前

除菌後

一般の顕微鏡では見えにくい、体の透き通った菌をはっきり確認できる位相差顕微鏡を使って、お口の中の歯周病菌の状態を調べます。
さらにより多くの悪玉菌を確認できる歯周病菌DNA検査(リアルタイムPCR)を行うことで、精度の高い診断ができるようになりました。
※これらの検査では、痛みはありません。

2. 細菌の除去薬剤の内服・塗布治療
感染している歯周病菌の種類に応じて、薬を処方します。多くの患者さんの場合、細菌とカビの混合感染なので、抗生物質の内服投与と、カビの除去薬剤あるいはカビとり歯磨き剤での歯磨きによる塗布治療を行います。

3. 除菌状態の確認
約1週間から10日後に再度、除菌状態の確認を行います。

4. 除菌後の歯石とり
1)歯ぐきの状態や歯石やプラークの付着状態を検査して、歯磨き指導を行います。
2)歯石とり 除菌後のきれいな状態では、歯石自体も取りやすく、沁みる感じも少なくなります。取りきれない深い部分の歯石を切開して取り除くケースも少なくなります。

歯周病が治っても、再感染に気をつけましょう!
お口の中を清潔に保つことが大切です。
毎日の歯磨きと歯科医院での定期検診で、歯周病菌が増えることを防ぐことができます。


歯周病菌DNA検査(リアルタイムPCR)

これまでの位相差顕微鏡検査で確認できるのは、歯周病の原因菌のなかの限られた菌だけでした。 このため、検査では原因菌が確認できないのに、歯ぐきの状態が悪い患者さんがいらっしゃいました。
歯周病菌DNA検査(リアルタイムPCR)では、より多くの悪玉菌を確認すことができるようになり、診断がしやすくなりました。

位相差顕微鏡で確認できる原因菌
・Treponema denticola (トレポネーマ・デンティコーラ T.d
T.d菌が多いと歯周病治療後にも再発するリスクが高いとの報告もあります。歯周病の増悪の目安になります。
歯周病菌DNA検査(リアルタイムPCR)により新たに確認できるようになった原因菌

検査キット
・Porphyromonas gingivalis(ポルフィノモナス・ジンジバリス P.g
重度の歯周病(急性・慢性歯周炎)から検出されます。
・Tannerella forsythus(タンネレラ・ファーサイシア T.f
特に歯周ポケットの浅い部分よりは深い部分で検出されることが多い菌です。難治性歯周炎症の指標として重要な菌種です。
・Aggregatibacter actinomycetemcomitans(アグリゲイトバクター・アクチノマイセテムコミタンス A.a
重度歯周病の患者さまの歯周ポケットから高率に検出されるが、低い数値に検出されることが多い菌です。
・Prevoterlla intermedia(プレヴォテーラ・インターメディア P.j)
女性ホルモンによって発育が促進され、妊娠性歯肉炎や月経周期関連歯肉炎の原因とされている歯周病の原因菌です。
・Fusobacterium nucleatum(フソバクテリウム・ヌクレアタム F.n)
歯周内科治療を行う上で非常に消えにくい菌です。また、悪臭(口臭)の原因となる菌です。

検査の回数と料金

検査結果報告書
歯周病菌DNA検査(リアルタイムPCR)は 2回行うことをお勧めします。
1回目…初診時の菌の状態を見る
2回目…お薬を飲んだ後の菌の状態を見る
※以上、2回分の検査料金…\38,000 (歯周内科治療は保険外治療となります)
その後、3か月ごとの定期検診では、顕微鏡で菌の状態を確認します。
1年に1回は、歯周病菌DNA検査を行うことをお勧めします。