文京区歯科 新宿区歯科 新宿区歯医者 伊藤歯科 江戸川橋 歯科 小石川 自費 義歯。

伊藤歯科

 TOP > 義歯
保険診療から、さまざまなバリエーションが選べる自費診療まで、患者さんのお口のなかの状態と、ご希望とを合わせて、最善の処置をご提案しています。 自費診療の義歯については、お見積もりを出してご相談いたします。
以下では、自費診療でのバリエーションをいくつかご紹介しています。

ナチュラルデンチャー


装着前

装着状態
クラスプ(金属のバネ)の代わりに、歯ぐきに近い色の樹脂を使用し、素材の弾性を利用して歯を包み込み、入れ歯を固定します。
ナチュラルデンチャーの特徴
優れた審美性 
歯ぐきの色に溶け込み、入れ歯として目立ちにくくなります。
違和感が少ない 
床部分が薄く、寸法精度も高くかつ軽量なので、装着感に優れています。
食べ物が挟まることが少ない 
高い寸法精度ですき間なく密着するため食べカスが圧入しづらくなります。
残っている歯を痛めない 
となりの歯に金属のバネをかけないので、負担が少なくなります。
破折しにくい 
弾力性があり強度が高いナイロン系のポリアミド樹脂という素材を使って作られています。
体に優しい
金属を使用していないので、金属アレルギーの心配もなく、外科用縫合糸としても使用されている素材ですので安心です。


コーヌス テレスコープ


コーヌス表


装着前

コーヌス裏


装着状態
部分入れ歯に適応します。
保険診療の入れ歯と違って、クラスプ(金属のバネ)が必要ないので、支えとなる歯の負担も少なく、見た目もすっきりとするので審美的にも優れています。

テレスコープとは望遠鏡という意味で、望遠鏡のように金冠(内冠、封冠)を二重に被せる方法です。
残っている歯に丸い筒の内冠を被せ、その上に外冠のついた義歯を被せます。
この茶筒のような二重冠システムにより、義歯を固定します。あそびが少ないのでしっかり噛めます。

他にも
・内冠によって歯が保護されるため、ものを噛んだ時に歯に直接衝撃が伝わらずにすみ、長い間使っても歯がぐらつかない
・取り外して洗えるので清潔、
・土台となる歯が虫歯になりにくい、
などの特徴があります。


リーゲル テレスコープ


装着前


レバーを開いたところ

装着状態


レバーを閉じたところ
部分入れ歯に適応します。
コーヌステレスコープの二重冠システムに加えて、支台歯と義歯を旋回するレバー(リーゲル)で固定します。

コーヌステレスコープと同様の利点を持つうえ、 入れ歯を出し入れする時、歯に引き抜く力が全くかからず、歯にやさしい構造です。


コンフォート

 

硬い入れ歯の裏面を生体用シリコーンという弾性のあるやわらかい素材で覆います。
・硬い入れ歯と歯ぐきの間でクッションの役割を果たし、歯ぐきを保護します。
・歯ぐきにかかる圧力を軽減し、噛んだときの痛みをやわらげ、よりしっかりと噛むことができるようになります。
・高い吸着性。

※今お使いの入れ歯にも加工できます。
(入れ歯の材質によっては、加工できないものもあります。)

磁石式入歯(マグフィット)


磁石の力で入れ歯がピッタリ吸着します。歯根に「磁性金属」を取付け、入れ歯に「小型磁石」を埋め込みます。
・バネや複雑な仕掛け等がないシンプルな構造なので簡単に装着取り外しができます。
・小さくても強力な磁石の力で吸着し、入れ歯が落ちたり、口の中がガタガタしにくくなります。
・シンプルな構造なので、お手入れなどのメンテナンスが簡単にできます。